10.06.20 G杯長良川郡上


久々のトーナメント参加

今週は3つ目です(笑)


報知・マスターズと負けはしましたが、

ヘタレな私には収穫が多い!

さ〜て、G杯

真剣ですよ〜(笑)



さ〜てのクジですが、63番の上流エリア

150名を上下エリアに分けるので、70数名中63番

かなり上流側まで行かんとあかんね・・・

名皿部橋より上流域で鮎が溜まると考えているポイントは5つ

1番目は見切って、2番目は既に陣取られ、2番目の対面をゲット!

イメージ


さ〜っと、攻めるピンポイントを確認し、攻めます。

かんたんに掛かるとは思っていませんが、朝一は反応が薄い・・・

少しずつポイントを上げながら、一見流れの強そうなタナ

反応あり!

再三、泳がせていると

1匹目ゲット!

続きそうなポイントで反応が感じられなくはないんですが、掛け切れません(汗)

また、ポイントをずらし、掛ける!

やはり、掛けきれない・・・

原因は、何なの?

ハリスの長さ?形状ではないです。

イカリ?チラシ?

ちゃんと入っていない?もしくは、浮いてるの?

何なの〜〜〜(悩)

結局、掛けきれないのが実力なのよね〜♪

イメージ



ちゅうか、前日に急遽夜宴を行った三河の方が、3位でした!




さて、表彰式終了後

うっぷんを晴らすべく、エリア外にロックオ〜ン!

神路か上万場か・・・

後者を選択!
イメージ  イメージ
上流側と下流側

橋から下流域に決めます!
イメージ

まずは、いかにもというまさかポイントに入れると一発!
イメージ

もしかして、サラ場なん?
イメージ

小さな筋のカベからシャキ〜ンと飛び出してきます!

しかし、ピンポイントを狙っていくと、連発でバレました。

針は合わなくはないと思うのですが・・・

その後は、やはり王道からは出てこず、

ポイントからやや引き上げたピンポイントで泳がせたり、

通しにくいルートを通すときに軽快に飛び出してきます!
イメージ

しかも、トーナメントエリアとは違って、サイズは18〜19cmが大半!

気持ちの良いラスト勝負でしたよ!

解禁時は、下流域よりは数は少なかったと聞いていますが、

今は、大和より上流〜白鳥地区が楽しいかもしれませんね!
イメージ




G杯 名皿部上流スロープ:6匹(込み)

アフター 15:00〜17:30 上万場橋下流
8〜19cm:14匹+ヤマメ1匹



ロッド:MVTG90MS硬中硬
天糸:SUNLINE 極細天糸フロロ0.6
水中糸:SUNLINEステルスブラック0.15(フロロ)
(上ツケ糸0.3・下直結)
自作リリアン改
ハナカン周り:SUNLINEブラックストリーム0.8
自作背針 着用率100%
ハリス:1.0〜1.2
針:micro-X:6.5
流:7.0  あこ〜だ:7.0






since 2007.5.26



inserted by FC2 system